交野市で根本改善なら「ふじた鍼灸整骨院」

坐骨神経痛

 

コロナバナー

 

なぜバナー

 

このようなお悩み、
\ありませんか?/

  • 足の痺れがもう1ヶ月以上続いている
  • ロキソニンを飲んでごまかしてる日々が続いている
  • 座ってるうちにお尻からふくらはぎの外側がズキズキと痛みが出てきている
  • 長時間立って家事ができなくなってきた
  • マッサージ、電気や牽引をしたが全然痛みや痺れが消えない
  • 仕事にも支障が出てきているが、自分の代わりの人がいない

↓

そのお悩み、
当院にお任せください!

 

 

実は院長である私自身も
過去に重症の腰痛
悩んだことがあります

 

受付

私は過去、腰に大けがをしてしまい病院で椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と言われ、手術しないと歩けなくなると言われたことがあります。
リハビリしても良くならず途方にくれていましたが、そこで私を救ってくれたのが、ゴットハンドの先生による鍼灸であり整体でした。

あんなに長い間ひかなかった痛みが、鍼をするだけでス~ッと引いたのがあまりにもびっくりして、今でも鮮明に覚えています。
同じように悩んでいる人を私が助けたいと思い、施術家になり全力で技術を高めてお客様と向き合ってきました。

今では臨床数は10万人を超え、病院や整骨院・整体院で良くならない多くの方々を助けることができるようになりました。

私自身がそのような経験をしたからこそ、悩んでいる方の気持ちが人一倍よくわかります。
同じような思いをしたからこそ出来ることがあると思っています。

病院や整骨院・整体院に行って良くならなかったからと諦めないでください。

ぜひ一度ご相談ください。

 

 

推薦バナー

 

 

実際に当院の施術を受けた
方々から喜びのお声
届いております!

~その一部をご覧ください~

↓

「辛い痛みはもう嫌」

腰が痛くて、このままでは自分では歩けなくなるのでは!?という不安が一番でした。
病院でレントゲン撮っても異常はなく、他の整骨院や病院どこへ行っても良くなるような気配がなくて…。
仕事もあるしこのまま痛みを我慢して動くのにも限界があるな…これは困ったな、どうしたらいいものだろうと思っていたら、先生と出会い、「この症状には僕の施術が効果的です!」とズバ!と言われその言葉を信じたら本当に何度かの施術で痛みと不安が無くなりました。
その後も急な痛みがまた出たときは「冷やすこと」と言われて、ご指示通り冷やしてみました。これも非常によく効果ががありました。
動けるようになるとどうしても行動力が増し日常生活でもたくさん動いてしまう。そんな時は集中して施術を受けてみるとまたスッキリします。
身体が軽くなると嬉しくなるし幸せです。

(林様 70代 男性)

※効果には個人差があります

「継続は力なり」

長年腰痛に悩まされてきました。
私はここの院ができてからずっと通っています。
それまでも数院行きましたがどこもしっくりこず、ココの整骨院が一番長く10年近くお世話になっています。
先生と喋りながら体を触ってもらっていても、ソコ!って思っている私の気になっているツボに先生の指が当たるので施術を受けていてもストレスなく安心して施術してもらっています。
施術期間があいた時でも辛いところを指で的確に触ってもらえるので施術のときはいつも身体を任せられます。
健康維持のため月に2回程度ケアしてもらっています。

(O・K様 70代 男性)

※効果には個人差があります

 

 

それでは
坐骨神経痛について
詳しく見ていきましょう

 

坐骨神経痛が他で良くならない理由

腰

坐骨神経痛は、改善しにくい症状ではありません。

もし、坐骨神経痛を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、あまり変わっていなくてむしろひどくなっているというのであれば改善方法が間違っている可能性が高いです。

坐骨神経痛は正しく対処すると、痛み止めの注射や薬を使わなくても痛みやしびれはなくなります。
もし、数か月以上、数年も坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、下記の改善方法を現在行っていないかチェックをしてください。

 

 

坐骨神経痛の症状について

腰

こんな改善法は本来の自然治癒力を妨げている可能性があります。

  • 腰痛ベルトやコルセット
  • 整骨院や整形の電気療法
  • 牽引療法
  • 湿布、痛み止めの薬やブロック注射
  • 手術
  • ストレッチやヨガ

これらの施術は果たして本当に有効なのでしょうか?

 

★今まで坐骨神経痛が改善しなかった原因

当院には、複数の病院、接骨院、施術院を回ったにもかかわらず、それでも改善せずに、わらをもつかむ思いで来院されるお客さんがたくさんいます。
そして、私はその度にお客さんの症状歴、施術歴を詳細にお聞きして記録していますが、医師や施術家の先生方の、坐骨神経痛に対する考え方のあいまいさやいい加減さが、症状を悪化させている施術方法にはいつも驚かされます。
またお客さんの症状に対する考え方の甘さも症状の悪化につながっています。
「注射を打ったら一時的によくなるんですけど、時間が経つとすぐ元に戻ってしまいます」という話をよくお聞きしますが、痛み止めを打って痛みが楽になるのは、良くなっているのではなくて、痛みが一時的に麻痺して忘れてるだけです。

痛みがないことを「改善した」と勘違いして、負担をかけてしまうと、坐骨神経痛を慢性化させてしまう可能性があります。

 

(1)腰痛ベルト・コルセット

『痛みがあるときには固定する』という考えが多くの先生の頭の中にあります。
理由は『固定して痛む動きを制限させる』という考え方あり、言い換えれば「前にかがむと痛い」と訴えるのに対して「前かがみをしなければいい」と言っているようなものです。

また、動きの中心である腰が固定されてしまうと不自然な動きを強いられることになり、もともとの症状とは別の症状が出てくることがあります。

そもそも、腰は固定させてはいけません。継続使用することで筋力の低下を招き、腹圧力を高めてしまったり、原因の一つである炎症が、温めることで助長され痛みも取れなくなってしまいます。

 

(2)病院や接骨院でおこなう電気療法

電気療法の目的は、あくまで表面的かつ、一時的な痛みを取ることです。

基本的にこれらの電気療法の目的は痛みの緩和です。どの部分に電気を流すのかというと、おもに緊張してる表面の筋肉・痛覚を感じる神経に対して行われます。

しかし、痛みの原因を探ると、筋肉や痛みを感じる神経だけでなく、関節や骨盤、脳の動作制御など様々な原因が考えられます。すべての原因にアプローチせずに痛んだ箇所に電気をあてても、一時的に感覚をなってもまたぶり返してしまいます。

 

(3)牽引

日本整形外科学会・日本腰痛学界が発表した『腰痛診療ガイドライン』(2012年11月)では「エビデンスが不足している」などと指摘されています。「医療機関のリハビリ施設でよく見かける牽引器具は、使った人と使わなかった人で痛みの緩和や可動域の拡大に大きな差は認められていなく、硬い背骨に牽引したぐらいで変化が起きるとは考えにくいです。
しかも最新の研究によると、牽引による力のかかり方が関節の動きを悪くすることもわかっています。アメリカのガイドラインではも『牽引は効果がないばかりか、害があるので止めたほうがいい』とまで指摘されているので注意が必要です」と言われています。

 

(4)湿布、痛み止め薬・注射

現在、シップには大きく ○冷湿布○温湿布○消炎鎮痛剤テープという3タイプがあります。それぞれ冷温どちらもある理由は、痛みがあるときには初期症状には冷やして、炎症が消えてくる炎症期を過ぎた頃には温めるのがよいと言われています。それゆえに冷温両方用意があるのです。

そもそも湿布の役割は痛み止め薬と同様、鎮痛成分が入っているので、一時的に痛みがマヒしているだけです。それでもなかなか良くならない痛みの場合、痛みの発生している患部に原因があるとも限らないのです。
痛みを改善するためにはもちろん、まずは炎症を取り除くことですが、その次に炎症が出てしまった原因をとらねば、体のちょっとした使い方で症状を何度でも呼び起こす可能性が大いにあります。これがクセになっている状態といえます。それだけに、シップではまた痛みがぶり返してしまいます。

 

(5)手術

外科的処置や手術は『最後の砦』と思われている方は少なくないのではないでしょうか?  

手術にも様々なものがありますが、数年経っても再発しにくい手術と再発しやすい手術があります。

①原発性対応型原因除去術
明らかに原因が手術領域に由来し、それを取り除くことで原因と対応が同時に行えるもの

②非原発性対応型選択的術
複合的な要因を取り除かず、その手術を行わなければ良くならないといった消去法的に行うもの

骨折など、原因が明らかな手術は①に当たりますが、それ以外の多くの手術は、②の手術です。その症状が出た理由ではなく、それ以上痛みや症状による苦痛を広げないために、とりあえず病巣を取り除こうという消極的な理由から行います。例えば変形性関節の手術や、6か月以上続く症状や痛み対するものへの手術がこれにあたります。

この場合、どうしてそうなってしまったのか? という原因を突き詰めることをせずに、とりあえず痛みにつながる部分だけを手術してしまうために、数年たった後の同じ部分や、あるいは違う部位に症状が移動してしまうのです。

一番大事なのは、坐骨神経痛の本当の原因にアプローチできるかどうかです。

 

(6)ストレッチ・ヨガ

ストレッチとは『伸ばす』という意味です。

筋肉は伸ばしすぎると断裂する恐れがあります。しかし身体の場合はそういった事故を未然に防ぐための仕組みを持っていて、あらかじめどこかが壊れそうになると、動きに痛みとしてブレーキをかけさせるか、伸ばされたあとに反射としてさっき伸ばされた時よりも、縮めて切れないようにと防御反応を示します。これを何度も繰り返し行った場合、筋肉や関節は柔らかくなるばかりか、かえって逆に硬くなってしまうことがあります。

それだけではありません。痛い関節や周辺の場所をストレッチをした場合、それ以上関節や筋を壊すまいと、身体が起こす防御反応を突破ってしまい、関節内に牽引性の力をかけることになり、関節を壊してしまうことがあります。痛みのある状態では筋肉や関節を硬くしてしまい、症状を悪化する恐れがあります。

坐骨神経痛の症状の発生機序は、人によって様々です。
どんな症状があるのか説明していきますので、あなたの症状に当てはまるかどうか、チェックしていってみてください。

 

 

坐骨神経痛の原因とは

腰

坐骨神経痛を訴えて病院を受けたとしても、病院では原因がはっきり分からない場合が非常に多いです。坐骨神経痛を含む腰痛を訴える人のうち、約80%は原因が特定できないと言われてます。
残る約20%特定できる原因で一番多いのが、何らかの外因ストレスによって、腰部の神経が圧迫されたことが原因で起こる椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。この2つの症状では、特に坐骨神経痛を訴えるお客さんが多いです。

 

椎間板ヘルニアの場合

<メカニズム>
背骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があります。椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできています。これが正常な位置から外に飛び出す状態を『ヘルニア』といいます。
しかし、椎間板自体の弾力は水まくらのように柔らかいので、少しくらいの飛び出した程度では、神経を直接圧迫することはありません。実際にヘルニアの手術をして飛び出した状態を取り去ったところで再発することはよくあります。

では実際はなぜしびれるのか? 
それは正座をしたときに足がシビれてくるメカニズムと似ています。
正座したときに足がシビれる原因は、おしりから足にかけて繋がっている神経が身体の重みで引き伸ばされたことによって神経がストレスを感じ、神経信号の伝達に異常を起こします。
これと同じく、背骨の土台となっている仙骨という左右骨盤の真ん中に位置する骨が、重力に対して傾きが生じると、その上にある腰椎も連動してバランスをとっているため、腰椎の横を通過する神経は、それぞれ左右どちらかに引っ張られる力が加わります。左に腰椎が傾けば、右の神経は引き伸ばされ、逆に右に腰椎が傾けば、左の神経は引き伸ばされれます。すると正座のように引っ張られ、痛みやシビれにつながります。

<医師による判断>
基本的に病院で画像による判断(レントゲン、MRI)を受けてこの症病名がつきます。MRI検査はレントゲンでははっきり判断ができない場合や手術が決まって精密検査する場合には、腰椎内部に針をさして、その中に造影剤(より痛む部分を見つけやすくする薬液)を入れて状態を可視化し、把握する脊髄造影という検査を行います。

<症状>
横になって寝ていると痛みはあまりありませんが、同じ姿勢で座ってたり歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れます。痛みが起こる前兆症状として、寝ていて足がよくつるようになることや、片側だけ冷えやすい、足をひねったりつまづくといった足の動きに問題がではじめることが多いです。症状が発生してからは、排尿時にキレが悪かったり出ないこともあります。反対に出現する左右の具合次第では、頻尿になり、下痢なることや、全く反対の便秘になると、坐骨神経痛で悩んでいる多くのお客さんの訴えがあります。

 

脊柱管狭窄症の場合

<メカニズム>
神経が通り道の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形やズレなどによって部分的に狭くなり、脊柱管内圧が高まったときに脊柱管内の軟部組織が、骨盤内部を通る神経や血管を引っ張ることで症状が発生します。変性または変化の原因としては、持続的な内部への力学的刺激(ストレス)によるものです。一般的に歳を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄症状が起こるのです。
腰椎椎間板ヘルニアに比べて、中高年に多いのが特徴です。同じように脊柱管内が狭くなっていても若い世代には症状があらわれにくく、中高年に出やすい理由は、脊柱管内の細胞の脱水が挙げられます。
例えば、生まれたての赤ちゃんは体内水分量は80%近く、80歳を過ぎた年配の方では60%のに迫る水分量になってしまいます。見た目だけでもはっきり違いを知ることが出来るのは、お風呂上がりの若年層のお肌の水はじききと年配層の水はじきの違いを考えると、イメージしやすいと思います。
実はその差は、目には見えない身体の中の細胞の砂漠化…すなわち細胞内が脱水した状態です。脊柱管狭窄症の主症状である間欠性跛行という休んだら症状がおさまるというものは、血管障がいによるものなので、必ずしも脊柱管が狭窄したことで、坐骨神経痛が出るとは限りません。同時に坐骨神経痛症状があらわれることがあるということです。

<画像による判断>

基本的に病院で画像による判断(レントゲン、MRI)を受けてこの症病名がつきます。MRI検査はレントゲンでははっきり判断ができない場合や手術が決まって精密検査する場合には、腰椎内部に針をさして、その中に造影剤(より痛む部分を見つけやすくする薬液)を入れて状態を可視化し、把握する脊髄造影という検査を行うことがあります。

 

梨状筋症候群

これは、お尻の深部にある梨状筋という筋肉が硬くなることで起こります。硬くなる理由はいろいろありますが、多くの場合で自然回復していくことが多い症状ですし、当院の施術で早急に症状緩和できます。

 

 

当院ではこのように改善します

施術

当院ではあなたに合った最適な施術を行います。

私たちはしっかりと坐骨神経痛の原因を突き止め、最短で改善できる施術を提供します。

坐骨神経痛による痛み、しびれの原因となる体の奥深くにある筋肉のハリ・コリ、血流、循環不全、身体のゆがみを”すばやく”改善することであなたの体が本来持つ治癒力を引き出します。

私たちが実際に日々、坐骨神経痛の施術をしている中で、

インナーマッスル施術で腰の奥の筋肉をゆるめたら痛みが解消された。
お灸で血液循環がよくなったら足のだるさが改善された。
骨盤まわりの筋肉をゆるめて骨盤調整したらしびれがとれた。
など、数々の改善例をみています。

本来、あなたの体にも備わっているはずの自然治癒力ですが、体のバランスを崩してしまうとその力は正しく働かなくなります。

適切な施術を受けて眠っていた自然治癒力が十分に働き始めると、あなたの体には必ずよい変化がおこります。

そのために必要なのは痛いところに電気を流すことでも、シップを貼ることでも、体をバキバキ矯正することでもないのです。

あなたの腰の痛みを解消するには、からだの奥の筋肉をゆるめるべきかもしれません。

あなたの足のだるさとしびれを解消するには、血流をもっとよくする施術をするべきかもしれません。

 

 

当院では整体と鍼灸を合わせて行います。

鍼灸は症状の痛みに直接アプローチが出来るので早期に痛みを取り除くことができ、整体によって根本原因にアプローチすることで根本改善ができます。

早期に痛みをどうにかしたい方・根本的になおしたい方に最適です。

※鍼灸は小学校低学年のお子様でも普通に受けられるほど刺激はソフトです
※もし鍼灸が苦手という方は鍼なしの施術も可能です

 

 

キャンペーン

 

5月31までに
\ご予約の方に限り/

  

総合改善コース

初回90分
(カウンセリング・検査&施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
※通常1回9,800円×2回分
=19,600円

 

予約多数のため先着10名様のみ

→ あと7名

 

 

 

 

 

※全て税込価格

 

tel:0728919696
予約フォームLINE
マップ

 

 

なぜ初回90分なのか?
なぜ2回セットのキャンペーンを
行っているのか?

 

女性

初回に90分のお時間を頂く理由は、症状の原因を特定するためであり、お一人お一人に対して真摯に向き合う時間が必要だからです。
当院ではカウンセリング・検査に時間を掛けて、しっかりあなたの話をお伺いします。不安に思っている事、疑問に感じている事など何でも構いません。
また、カウンセリング・検査の結果を元に、身体の状態や原因について分かりやすく説明も行い、あなた自身が自分の身体について理解されたうえで施術に入りますので、ご安心ください。

そして2回セットのキャンペーンを行う理由は、

  • 1回の施術では分からない
  • 何院も回って改善できず疑心暗鬼に
  • 自分に合うか不安

といった方々に当院の施術を体感して頂くためです。

もうこれ以上あなたに無駄な時間やお金を使って欲しくありません。
20年間で10万症例以上の実績を積み上げてきた当院院長の技術を、ぜひお確かめください。

 

 

ふじた鍼灸整骨院が
選ばれる他とは違う
7つの特徴

 

歴20年・10万症例の実績を持つ院長自らが施術

施術

当院では柔道整復師・はり師・灸師の3つの国家資格を持つ院長が全ての施術を担当いたします。これまでの豊富な経験に基づいた高い技術力を駆使して根本改善へ導きます。

 

 

初回90分!まずはカウンセリング・検査を徹底します

施術

初回の方にはたっぷり90分のお時間を頂き、まずは症状の原因を特定するためカウンセリング・検査を行います。全身を隈なく検査する事はもちろんのこと、あなたの悩みや不安について、しっかり話をお伺いしていきます。何でもご相談ください。

 

 

③あなたの身体の状態について丁寧に説明します

説明

カウンセリング・検査の結果を元に、症状の原因や具体的な施術法について、分かりやすく説明します。しっかりご納得頂いてから施術を始めます。

 

 

④国家資格取得者による安全でソフトな施術

施術

当院の鍼灸施術は小学生のお子様でも普通に受けられるほど低刺激でソフトです。整体もバキバキ鳴らすような施術ではなく、身体に負担の少ない優しい施術を心掛けております。

 

 

再発予防に効果的なアフターフォローも充実

検査

ストレッチや体操など日常生活で簡単に取り組めるセルフケアが充実。施術効果を促進させて、より健康な身体を取り戻すことが可能になります。

 

 

⑥当院の施術は症状改善のほか沢山の効果が期待できます

施術

症状改善以外にも「姿勢が良くなる」「骨盤の歪みや開きが整う」「体力UP」「疲れにくい」「元気になる」「仕事・体のパフォーマンスUP」「運動したくなる身体に」「痩せやすい身体に」「代謝UP」「しっかり眠れるようになる」「むくみが取れる」「下半身やせ」「ストレス解消」「イライラしなくなる」などの効果も期待できます。

 

 

駐車場3台完備。最寄り駅までの送迎サービスも

外観

遠方からのご来院も多く駐車場は3台ご用意しております。また、当院は星田駅から徒歩10分のところですが、歩いてご来院が難しい方は送迎も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

全国の有名整体院・
整骨院からも厚い支持
頂いております

 

「結果にこだわる熱心な先生です」

藤本鍼灸整骨院
院長
藤本誠先生

大阪府池田市で鍼灸整骨院を開業してる藤本と申します。
藤田先生は、私が出会った施術家の中でも最も努力している先生の1人です。
藤田先生の院では今起こっている症状のみではなく、なぜ痛みや症状が起きているのか本当の根本原因を見ています。とにかく経験が豊富で、多くの引き出しをもっており、どんな症状でも必ず結果を出せます。
施術を受けると期待をはるかに超える感動と幸せを感じて頂けると思います。
お客様からの信頼も厚く、頼りになる先生です。
どこに行ったらいいかわからない、つらい症状、体の不調に悩む方に心から推薦します。

「プロスポーツ選手が来院される凄腕先生です。」

仁田整骨院
院長
仁田和孝先生

大阪府箕面市で整骨院を開業してます仁田です。
藤田先生とは柔道整復師の専門学校の同級生で、今でも仲良くお付き合いさせてもらってます。僕はずっと総合格闘技をやってて、怪我をした時や試合前のケアで藤田先生には施術してもらったりしてます。
これまで色んな先生に施術やケアをしてもらいましたが、藤田先生はレベルが違いますね。実際プロスポーツ選手も多数来院されてるので本物の施術家であることが証明されてます。腰痛専門ですが、あらゆる症状に対応されてるので、特にあらゆる施術を受けてこられた方には藤田先生の凄さが理解できますよ。

「お身体で悩んでる方は絶対に行ってください!」

Nana整骨鍼灸院
院長
富本貴司先生

大阪府豊中市で鍼灸整骨院をやってる富本と申します。
藤田先生とは鍼灸の専門学校時代からの同級生で、当時から笑顔が素敵な先生です。
開院してからもその人懐っこい性格と高い技術力から、お客様の信頼をしっかりと得ていますし、私もいちお客として通いながら勉強させてもらってるほどです。
そして特筆すべきは、しっかりとしたカウンセリングからその人の身体の問題点を聞き出して状態を把握し、一緒に問題解決していく道筋をちゃんと伝えてくれることです。お客様はきっと安心して通えると思います。
どこに行っても中々良くならない方がいましたら、ぜひ先生の院を訪れてみて下さい。必ずあなた不安を解消できるゴールに向かって一緒に進んでいくことができます!

 

 

キャンペーン

 

5月31までに
\ご予約の方に限り/

  

総合改善コース

初回90分
(カウンセリング・検査&施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
※通常1回9,800円×2回分
=19,600円

 

予約多数のため先着10名様のみ

→ あと7名

 

 

 

 

 

※全て税込価格

 

tel:0728919696
予約フォームLINE
マップ

 

交野市の整体なら「ふじた鍼灸整骨院」 PAGETOP